ピンキーのシンプルバージョン♪ー羊毛フェルトの立体イラスト

前回に続いて、羊毛フェルトの立体イラストを紹介します。
馬の子の名前はピンキーと言います。立体イラストを作る時は、愛情を注ぎ込みやすいので名前をつける事が多いです。
愛情がわくと、次はどういう風に作っていくか、表現していくかが自然と分かってくるからです。

前回「バスケットに入ったピンキー」と同じ馬の羊毛フェルトを使って改めて撮影しました。
南天の実だけを置いて、ピンキーのなつっこい可愛さを強調するために、シンプルなコーディネイトにしています。
ヒヒ〜ン♪と甘えてくる声が聞こえてきそうでしょう?笑

立体イラストは撮影の段取り、修正の難しさがあるので、発注される方も手間が掛かると思いますが、作っているときも、撮影日は決まっているので、限られた時間の中で制作していく事はとても緊張します。それでも想定通りの表現が出来たときの安堵感も大きいですね。羊毛フェルトのイラスト、可愛い馬