水彩紙版画のイラスト-2 | イラストレーター中村香恵

仕事で掲載した水彩絵の具の「紙版画のイラスト」です。
水彩絵の具の「紙版画」はオリジナルの技法で、優しくてみずみずしい質感が特徴です。
クリックすると拡大します。
画像が多いので、初めて表示する時は少しお時間がかかるかもしれませんが、そのままお待ちいただくか、リロードしてください。

ツバメと紫陽花の水彩紙版画イラスト

ツバメと紫陽花の水彩版画イラスト
ゲオール化粧品の冊子の表紙6月号に掲載した、水彩紙版画のイラストです。

6月らしくツバメと紫陽花を描きました。

梅雨時の鬱陶しい季節に、ツバメも紫陽花も癒しの動植物ですね。
紫陽花は8月に花芽を付けるので、花が終わったら早めに剪定することが、毎年咲かせるコツです。

ツバメはこのサイズの鳥にしては珍しく渡り鳥です。秋になると外国まで旅立ちます。
そのため、肩の筋肉が発達して、ツバメらしい容姿になっているのです。
そして、尾の切れ目が長いオスはモテるそうです。

刷り上がりはA4サイズになります。

表示数
表示数- 28
イラスト概要
イラストの技法水彩の紙版画
イラストモチーフ
  • 生き物
  • 植物
  • 季節感
イラストの素材
  • 透明水彩絵の具
  • ブレダン紙
データ入稿可能
イメージや対象
  • 可愛い
  • 優しい
  • あたたかい
  • シンプル
  • キュート
  • 女性向け
  • 一般向け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加